カップル・DINKS世帯に人気の間取りと広さ


こんにちは、一児の母でもあり転勤族妻でもある吉川あいかです。
昨年、入籍をきっかけに新居に引越しをしました。
ずっと実家暮らしなのでどんな部屋がいいか?また間取りは?と何を選べばいいか分からない。
そこでカップルやDINKSに人気の部屋を調べてみました。

まずは間取り

1位は2LDK。
我が家も現在2LDKですがリビング・寝室・書斎として使っています。
この書斎は子どもが生まれたら子ども用の部屋にするにもいいですし、結婚後家族が増える可能性がある場合には人気かもしれません。

2位は2DK。
最近は広いダイニングも増えてきていますので、ダイニングテーブルorローテーブル+ソファのどちらかでいいと思っている方には2DKでも十分かもしれません。

3位は3LDK
こちらですと、リビングの他に3部屋ありますので、お互いの部屋+クローゼットや書斎などにしてもよさそうですね。
自分の空間を持ちたい大人な二人にはいいかもしれません。

続いて広さ

1位50~60㎡
我が家もこちら。間取りも広さも一番人気を選んでいたようです。実際物件を探すときも種類が豊富なのでみつけやすいです。

今住んでいる部屋自体にそこまで不満はないのですが、
・帰宅時間が違う時に気を遣う
今はリビングのソファで寝てくれていますが、何日か続くと疲れも取れにくいだろうしちゃんとした布団で寝れる場所が欲しい!

・一人の時間が作りにくい
今は寝室以外にリビングしか部屋がないため、起きている間は同じ部屋にいることに。別々の事をしていても一人の時間とはまた別物でした。

・揉めた時に逃げ場がない(笑)
揉めないのが一番ですが、頭を冷やす場所が家にあってもいいですよね?

家賃の目安
・手取り収入の20%以内(首都圏の場合は30%迄)

我が家は、2LDK(共益費・駐車場2台込)で19%でした。
転勤族なので、今後も引っ越しとは何度も付き合うと思うのですが家賃や間取りは現在の物件より条件を下げるのが難しいもの。
安い!今は払える!と思っていても家賃補助がずっと今のままとは限らないので身の丈にあった値段とサイズにしたいところ。

支出の削減には固定費が一番効果的ですが、家は引越しするのが面倒でなかなか見直さないもの。
最初のうちに抑えておくのがオススメです。

またあるアンケートで片付けが苦手と答えた方は家族構成と比較して部屋数が多いとのこと。
スペースがあるから荷物が増える→支出が増えるのが要因ですので、広さと支出は比例すると思い部屋選びの際は片隅にあるといいかもしれません。

最後まで読んでもらえて嬉しいです。ありがとうございました。

はっち

◆はっちって何者?◆
20代後半の新米ママ。マイペースでどうにかなるさとポジティブ。
運動大好きで動き回ることが好き。2018年に男の子を出産し今まで以上に飛びまわり中。男の子育児ランキング