転勤族実践の引越費用の節約


転勤族の我が家。
昨年10月に引越しをし、引越会社に見積もりを依頼しました。

最初の見積もりの約半額になりましたので私なりの安く抑える方法を書きたいと思います。
 ■我が家の情報
1LDK→2LDKに引っ越し
夫婦2人
新居は車で5分くらい
休日の朝からで依頼
引越しの見積りは、複数社に依頼すべし。

我が家は引っ越し見積もりサイトから申込。
結果、4社に訪問見積を依頼しました。
担当の方の予定もあるかと思いますが、当日や翌日の見積もりも可能でしたので都合のいい日にまとめて見てもらうことも可能です。

一括サイトのメリット

・一括サイトからの利用と分かっているので値引きしてもらいやすい
→我が家も訪問してくれた営業さん全てに「他にも見積もり取っているか?」「何社目か?」など聞かれました。
具体的な会社名や見積額は伏せましたが、正直に複数に依頼していることを伝えました。
希望額や何を重視するかを聞いたうえで、ライバル業者に負けないよう値下げなどをしてくれるところが多かったです。

・見積もりの内容の差を比較・質問できる。
引越料金は、主に”スタッフ数(人件費)”・”トラックの大きさ(車両代)”と遠方の場合は”距離”で決まります。
会社によって、2tトラックOKと言うところもあれば、4tでギリギリ入るか…と言われたことも。

こちらは素人ですので、トラックの大きさの適性が分かりませんがそこであまりにも内容に差がある場合は質問することも出来ます。
実際、4tでもギリギリ…と言ったところに質問すると、最後には”3tトラックでも全部入ると思います!”と言われました。
…さっきのギリギリはなんだったのだろう??と疑問。

・実際に見てもらうことでネットの査定額が把握できる
ネットの査定額と実際の差額があるため、申し込んでからいざ請求になったら高額!なんてことを防げます。
我が家は同じ会社なのにネットの見積もりと訪問時の見積もりで2倍以上違っていました。
思わずメールを見せて、差がある理由を尋ねると理由を説明した後7000円値引いてくれました。(結局ここにはしませんでした。)

一括サイトのデメリット

・引っ越しサイトからの営業電話が頻繁に鳴る
登録して3分ほどで、一括サイトからの電話。その5分以内には業者から電話がバンバンかかってきました。
申込する時は、電話に出れる状況になる時にした方がスムーズに話が進むと思います。

・インターネットや水などの商品に勧誘される
業者から引越以外の勧誘があったりします。私は全て断りましたがこちらも電話がよくかかってくるので不要な場合は申込時等にその旨を伝えておくといいかもしれません。

・ネットだけでは見積りは出してもらえない!
ここが一番のネックですが、簡単見積もり!と謳っておきながら見積額は出てきません。
詳細ページに荷物の量や持っているものを調べて記入したのですが、どこも決まって
”しっかりとした見積もりを出すために訪問させて下さい”で具体的な数字は出してきません。(10社中2社のみ ○○円~と返事あり)

本当にすぐに引っ越しする予定がある方ならいいと思いますが、今後の参考程度に・・・など具体的に決まっていない場合は個人情報を渡すだけになるので控えた方がいいかもしれません。

平日の方が安い!午後からの方が安い!などありましたが、実際に見積もりを頂くとそこまで値段変わりませんでした。

また交渉したら、平日の午後よりも休日の午前の方が安くなり結局、都合も予定もあう休日の午前にしました。

ちなみに、一番高額な見積もりと安い見積もりの差は38000円。
さらに交渉で48000円とほぼ半額になりました。(エアコン外注工事(特殊)分含む

1社だけだと適正なのか分かりませんし、値引き交渉のきっかけにもなりますので複数社の申し込みがオススメです。
次回の引越しでは、電話攻撃を避けるためこちらのサイトを利用しようと思います。

引越見積サイト

引越業者からの電話攻撃を防げるサイト

引越しラクっとNAVI

 

最後まで読んでもらえて嬉しいです。ありがとうございました。

はっち

◆はっちって何者?◆
20代後半の新米ママ。マイペースでどうにかなるさとポジティブ。
運動大好きで動き回ることが好き。2018年に男の子を出産し今まで以上に飛びまわり中。男の子育児ランキング