貯蓄の運用と種類について


資産運用をしていく上で金融商品やどんなものがあるか一覧で紹介♪

どの商品も一長一短で
預金→元本割れはないが、超低金利のためお金が増えていかない
年金→原則60歳まで引き出せないが預金よりは金利が良い
投資→価格の上げ下げがあるが選ぶ種類によっては安定的なリターンを得れる

どれか一つを選ぶのではなく、組み合わせてポートフォリオを作っていく。

■預金
・普通預金(流動性〇・金利✖ いつでも出し入れ可)
・積立預金(流動性△・金利△ いつでも出し入れ可)
・一般財形(流動性△・金利△ 会社によって金利差あり。所定の手続き必要)
・定期預金(流動性△・金利△ 期間設定あり、中途解約できるが金利下がる)
・外貨預金(流動性〇・金利◎ 為替の影響を受けるので元本割れの可能性あり)

■年金
・年金保険(保険会社にて販売、金額によって最大4万円の控除あり)
・年金財形(企業財形の一種。住宅財形と合せて550万までは非課税)
・確定拠出年金(企業年金の一種。掛金を全額税額控除出来る。運用によっては元本割れあり)

■投資
・NISA・積立NISA・ジュニアNISA(非課税枠があり運用益・配当非課税)
・株式(国内外で取引可能)
・投資信託(定期積立可能。証券会社によっては100円から購入可)
・ETF(指標に連動したもの。投資信託より手数料が安い。定期積立不可。(2018/3~SBI証券にて定期積立サービス開始)
・FX(投機)

日本ブログ村ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ