その保険本当に必要?


過去の失敗談シリーズ

クレジットカードデビューしてレジでスマートに会計できる(気になった)のが嬉しくて使っていたら残高が悲惨なことになった前回。(詳しくはコチラ

これだけは終わらず、ほかの失敗もあるのです。

保険に全く興味がなく無知だった私。 数年前に、某外資系の保険に加入しました。

その時の私は
20代前半・実家暮らし・独身・結婚の予定なし(彼氏なし)

そして入っていた保険の内容は
・死亡保障1000万円
・入院手当も1日1万5000円
・ドル建て

月々18,000円

私の手取月収150,000円で保険料18,000円。
月々の12%が保険での支払い。

独身で扶養している人もいない中、なんで入ったかって?

営業の知人が、爽やか体育会系の長身細マッチョなイケメンだったからです

当時、冬だったのですが仕事終わりに温かい飲み物を用意して会社まで迎えに来てくれそのまま食事をして家まで送ってもらうという流れを3か月ほどしていました。

デート気分で保険に興味はなかったのですが、無駄を省いてあげるよ~と言われ食事に行くのも楽しみで、気が付けば無駄を省くつもりが高額な保険に加入していました。

ちなみに後から論ですが、当時はまだ円高だったので貯蓄型の方は125円台の時に売っていればリターンがあったかもしれません。
が、こればかりは分かりませんし為替は保険などの商品を通してではなく直接取引したほうが手数料の面でも引かれるものが少ないので辞めておいて正解だったと思っています。
高い勉強代でした。

ちなみにほかの保険会社の方とかにも
「葬儀代、結構かかるんですよ。あなたが亡くなって遺族が悲しんでいるのにお金の負担まですることになったら大変だと思いませんか?」
なんて営業トークをされたこともありますが、別の形で用意させてもらいます!
働いている方なら健康保険から埋葬料も出たりしますしね。

そんなわけで1年立たないうちに解約。
払った額の数割程度の返戻金で元本割れしていましたが毎月の負担を考えるとやはり早く辞めてよかったです。

その後、イケメン営業マンから何度か連絡ありましたがスルー。
あぁ、別の形で出会いたかったな~と思いましたが、きっと保険の営業がなければ会うことすらなかったでしょう。

保険は長い付き合いになるので、付き合いなどで契約はせずに

・家族構成(扶養している家族はいるか?)
・補償内容(死亡重視か生きてる間の保証重視か?)
・支払方法(掛け捨てか給付金ありか)
・受取方法(年金の場合、確定か変動か)
・保険利率(年利で計算)

などを見て自分に合ったものを検討してみて下さい。

自分のための保険ですが、後にも先にもなんとなく貢いだ気分になった出来事でした。

日本ブログ村ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ