お金が2倍になるのはいつ?72の法則


お金を貯めるにしても、いつ使うかによって運用も変わってきますよね。
また投資は怖いから、貯蓄だけで十分!と思う方もいるのではないでしょうか?

ただ今の時代、本当に貯蓄だけで充分なのでしょうか?
超低金利で定期預金でさえ0.01~0.1%の時代。
本当に貯蓄だけで安心できるのでしょうか?

ここで使うのが、「72の法則」
金利(%)×年数(年)=72
この数式で元本が2倍になる期間が分かるというもの。

例えば、今の普通預金の金利は0.1%(2018年春1番高い利息)

0.1% × X年 = 72
X年 = 72 ÷ 0.1
X年 = 720

100万円預けて200万円になるには720年かかります。

ちなみに普通預金は0.001~0.02%
2018年春時点で1番利息が高い0.02%で計算してみると

0.02% × X年 = 72
X年 = 72 ÷ 0.02
X年 = 3600

3600年。歴史の年表でもできるんじゃないか?という年数になります。

しかし、お金を増やすのは長い長い後世のためではなく現在の自分や家族のため。
それなら今効率的に資産を増やすためにはどうすればいいか?

貯蓄だけでは、収入が大幅に上がらない限り資産も増えていきません。
私みたいに年収300万円前半でずっと固定、この先も上がる予定がないOLには厳しい話。

そんなわけで私は貯蓄だけでなく分散して資産形成しています。
投資はリスクがあるといわれていますが、リスク=危険という意味ではありません。
リスクは上下幅があることで、買った時より株価が上がって利益が出ていてもリスクとなるのです。

今の時代、72の法則を見る限り貯蓄は確かに値動きがない分リスクはないですが資産を増やしたい時に良いとは言えない気がします。むしろ貯蓄しかしていない方が将来危険かもしれません。

お金について少し考えてみませんか?

日本ブログ村ランキング参加中。クリックしていただけると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ