実は簡単!ふるさと納税の確定申告方法★


なんだか大変そう!と思われる確定申告。
実はサラリーマンなど年末調整済み・収入が給与のみの方は時間もかからずお手軽に出来ます♡
確定申告を始めて4年目になる吉川。
今回は自分の申告書を作りながら流れを公開したいと思います♪
私の情報
会社員・収入は給与のみ・年末調整済み
★寄付金控除(ふるさと納税)★
今や知名度も上がって利用者も多いふるさと納税。ワンストップ特例制度を利用している方も多いかと思いますが確定申告で申告してみませんか?
まずはこちらのページへ
今スマホでご覧になっていてあとでパソコンやる方は、確定申告作成コーナーと検索すると出てきます♡

—共通選択項目—————————
①e-taxは専用の機械を持っている人が対象。ほとんどの方は印刷して提出になります。

②自分がどの申告書を作るか選択。
会社員の方が申告することの多い、医療費控除・寄付金控除(ふるさと納税)・配当控除・社会保険料控除などは一番上のピンクの枠、所得税になります。

③私は給与所得しかないので一番左。
生年月日を入力→給与は一か所か?年末調整済か?質問へ答え控除申請項目へチェック。

—————————————————————————–
★ふるさと納税申告編★
用意するもの
・源泉徴収票
・寄付金控除証明書  
①ふるさと納税は寄付金控除になります。
(左側上から2番目)

②源泉徴収票をもとに金額を入力
③寄付金控除の画面が現れたら入力するボタンをクリック
④都道府県・市区町村に対する寄付金(ふるさと納税など)を選び領収書にかかれた市町村を選択→自動で寄付先の住所と市町村名が記載される→寄付日と金額を入力して終了

⑤複数ある場合は”もう1件入力する”を選択する、なければ次へボタンを押し申告終了!

確か最初の頃は、市町村の自動記載機能がなくて自分で手打ちだったような…地名って読み方特殊で変換で出てこないのが面倒だったのですがこれならストレスフリー★
この作業だけだったら10分もあればできてしまいます♪
写真見ると簡単に感じませんか?
確定申告って漢字見ると難しそうなイメージありますが、実は手元の書類通りに数字や住所を打ち込むだけで出来るんです♡
 
還付額が少なくても一度作ることで苦手意識が減り翌年が苦じゃなくなる気がします♡
申告しようと思っていた方の役に立てたら幸いです(〃’▽’〃)
最後まで読んで頂きありがとうございました
Follow me Instagram / Twitter

ポイ活歴4年で月5万円以上稼ぐようになりました!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました
Follow me Instagram / Twitter

ポイ活歴4年で月5万円以上稼ぐようになりました!